« ドロップシッピング・フェスティバル開催! | メイン | ドロップシッピングASP登録状況 その2 »

2006年10月17日

●レッスン動画「unself」、ドロップシッピング採用の資格講座販売を展開!

どうも!yosikouです。

ドロップシッピングの商材としては珍しい
「動画」を扱う会社が現れたというニュースです!


最近は電脳卸ドロップシッピングの
卸会員として、CDプレス・DVDプレス
を提供する会社が参入
していたりして、
単純に物を売るだけじゃないような
商材が登場してきましたね!


これらはやりようによっては
大化けする可能性も秘めているので、
これからもどんどん出てきてほしいですね!

以下引用~

Mtc Visionは17日、著名人による語学などのレッスン動画やユーザーが投稿したレッスン動画を視聴できる「unself(アンセルフ)」に関する発表会を行なった。同社では、ドロップシッピングを採用した資格動画コンテンツの販売を、2006年11月をめどに開始するという。


 unselfは、2006年7月12日にベータ版サービスを、9月25日に正式サービスを開始したレッスン動画を配信するサービス。正式サービス時には、Mtc Visionが制作した講師によるレッスン動画に加え、ユーザー投稿型のレッスン動画配信サイト「unself Light」の提供を新たに開始した。


 Mtc Vision制作のレッスン動画では、料理や語学、教養、健康、ダンスなど10カテゴリに分類。松尾貴史や畑山隆則など約150名の著名人を起用した、レッスン動画を無料で配信している。今後は2006年12月から半年間かけて、1本3分程度のレッスン動画を毎月1,500程度公開したい考え。その上で、半年後以降は毎月2,000本に増加させるとしている。


~中略~


提供予定のレッスン動画は、国家資格を中心とした行政書士や宅地建物取引主任者、気象予報士、2級建築士などの講座で、2007年12月までに130講座まで拡充するという。教材原価は各1万円。なお、教材は動画が中心で、テキスト教材はPDFでの提供を検討するという。同社ではドロップシッピングを採用することで、広告宣伝費用をかけずにコンテンツの販売が可能になるとしている。


~引用終わり

主に資格試験を中心としたレッスン動画を販売するみたいですね。
YouTubeと同じFLV動画っぽいので、
Eラーニングのようなインタラクティブな
教材ではないようですが、PVやユニークユーザー数が結構な
ものですので、需要はありそうです。
(現状は無料で提供しているというのもあるでしょうが)

教材原価1万円均一はどうでしょうか。
価格にばらつきを持たせたり、
セット販売などができると
いろいろな売り方ができそうなのですが。


他にはないコンテンツを提供していただけるのは
ありがたいですね!
今後の展開に期待しています!
もう少し詳しくわかればまたご紹介したいと思います。

ニュースリリースはこちら

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yosikou.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/23

コメントする

コメントよろしくお願いします!